俺流道

The Amateur Commentary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々

更新更新w

何からしていいか分からない感じですけど。
最近映画を見てきました。

〔パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々〕

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々2
335196view001.jpg
335196_005.jpg

Story

ポセイドンと人間の間に生まれたデミゴットであるパーシー・ジャクソンは、ゼウスの稲妻を盗んだ犯人にされてしまい、14日後の12時までに稲妻を返さなければ神々で戦争を始めると言われた。

また他の神々も稲妻はパーシーが盗んだと思い込み稲妻を我が手にしようとパーシーに襲い掛かる。
そしてパーシーはまずはハデスに自らの潔白を証明しようと「冥界」と呼ばれる場所へ向かうのだが・・・。


AmateurCommentary

小説『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』シリーズの第1部『盗まれた雷撃』を原作なんですが。
予告で見て物語が面白そうだったんで観たんですが。

まぁ~すごっくすごく~[くだらな過ぎて面白かったです。]

主人公が三大神の[海の神ポセイドン息子]なんですが、まず父親ポセイドンの肩身が狭いですね~。神なのに(笑)

ストーリも思ってる程、困難もなく進んで行きテンポが早すぎて笑いが出ました(笑)

主人公があっという間に覚醒で強くなったんですが、神と人間のハーフなんですがそこまで強くありません。
主に戦いスタイルがチャンバラです。

何を伝えたいのかまったくわからなかったですね~。

子供向けに作られた映画だと思います。

もうちょっと一人一人の個性が出てたらまだよかったと思いますね~。
でも、まだ1章なので2012年に公開の続編の2章を期待したいと思いますね~。

なので評価はですね。

どんだけ制作費を費やして作っても、話が駄目なら話にもなりませんね。

原作の小説は面白そうですね。

あんまり読もうと思いませんが。

小説等から実写映画になるのって本当に難しいですね。

あくまで私の評価なので。

映画や本とかもそうなんですが、読者に何が伝えたいのか何を訴えたいのか?って感じで見てみると映画も変わるんじゃないですかね^^

映画は見方を変えて観れば変わった感想になると思いますね。

感動した作品とかでも、感動したって事は心に動かされたって事なのでやはりその映画は観た本人が心を打たれた事ですね。

そう言う作品が増えてくれればうれしいですね^~^

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 盗まれた雷撃パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 盗まれた雷撃
(2006/03)
リック リオーダン

商品詳細を見る
映画版の原作です。





*** COMMENT ***

オリンポス

この作品はひどいですね~
見てないけどw
原作の小説はとても気になるね~
読まないけどw
まぁDVD化されたらレンタル屋で
パッケージを見てみます!
借りないけどw

No title

>Ojixiさん
コメントありがとうございます。
いや~人それぞれだと思います^^
面白かったって言う人もかなり居るみたいですけど
あくまで私の評価なんで^^;
でも、1800円払ってまで見てがっかりだったら嫌じゃないですか^^

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。